Home > 2010年 > MetaMoJiが、XBRLデータを活用したレポート作成・活用ソフトウェア 「MashIQ XBRL Report」評価版の無償提供開始を発表

MetaMoJiが、XBRLデータを活用したレポート作成・活用ソフトウェア 「MashIQ XBRL Report」評価版の無償提供開始を発表

2010-04-20 (火)

2010年4月20日
株式会社MetaMoJi

報道関係各位

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)では、2010年4月20日より、XBRLレポート作成・活用ソフトウェア MashIQ XBRL Report (マッシュアイキュー・エックスビーアールエル・レポート) 評価版の無償提供を開始いたします。 MashIQ XBRL Report評価版は当初、英語版のみの提供となり、日本語版は年内の提供開始を予定しております。株式会社MetaMoJiでは、今後、MashIQ XBRL Report評価版の提供を通じて、来年、有償サービスを開始することを予定しています。

XBRL(eXtensible Business Reporting Language)は、財務情報が作成・流通・再利用できるように標準化されたXMLベースの仕様です。 日本では、金融庁EDINET、東証TDNet、国税庁e-Taxの報告用のデータ形式で活用され、海外でも米国SEC、欧州中央銀行をはじめ多くの国の機関で採用されています。XBRLデータは、報告用データ形式以外にも、今後、証券アナリストレポートへの適用や、企業のグループ連結経営レポート等へ、利用局面が広がっていくと考えられています。
しかし、これまでのXBRLは、システム間のデータ処理のフォーマットに使われているのに留まり、広くアナリストや個人投資家等が利用するまでには、至っておりませんでした。 XBRLデータを利用するには、ユーザーが特注のアプリケーションを開発するか、コンバーター・ソフトを使って表計算ソフト上で、利用するのが通常で、ユーザーが、XBRLの利用を手軽に行うには、ほど遠いのが現状です。

MashIQ XBRL Reportは、XBRL処理プロセッサ・エンジンと、ユーザー処理環境を併せ持つアプリケーションとしては、世界唯一のものとなります。 MashIQ XBRL Reportは、アナリストや個人投資家等が、複数のXBRLデータを、読み込み、処理し、表計算、ワープロライクのユーザーインターフェイスで、レポートを作成し、書き出しのできるアプリケーションです。Web出力のデータ形式は、HTML、PDFに加え、これから世界中で普及することが予想されるinlineXBRL *1 データ形式に対応しています。

MashIQ XBRL Reportの特徴は、以下の通りです。

  • プログラミング・レスで複数のXBRLデータを自分の見たい形式の、表、グラフ、レポートを作成
  • 米国SEC、IFRS(国際会計基準)、欧州中央銀行で採用されている Dimension *2に対応したXBRLデータ処理
  • 英国HMRC(国税庁)、米国SECで、採用されている inline XBRLや、PDF形式でのデータ保存
  • XBRLデータ情報提供のグローバル・リーダーEdgar Online データとの連携

MashIQ XBRL Report は、4月20日よりローマにて開催されるXBRL国際会議へのスポンサーとなっています。今回の MashIQ XBRL Report 発表にあたり、以下の賛同支援コメントをいただいています。

■XBRL International Technology Working Group議長 Diane Muller氏
「XBRLは、人間が直接読めるように設計されておらず、これは作成時から利用時までのすべての段階でも問題をはらんでいました。MashIQ XBRL Reportによって、信頼性の高いデータ表示と表やグラフの生成を行い、ブラウザで表示するためのinline XBRLデータのExportができます。 複雑な操作を強いることなく、XBRL標準の可能性を最大限引き出すことが、可能になると期待しています。」
■早稲田大学ビジネススクール 特任教授  花堂 靖仁 氏

~XBRLの社会的意義、可能性を解説した「XBRLの衝撃」の著者~

「XBRLは、金融庁や東証などの内部の管理効率性をあげるためのものだけではありません。本来は、企業や、投資家をはじめ利用者が提供されたデータに価値を感じるもので、素早く、適確に意思決定情報に加工できるようにし、また企業のデータ提供の合理化に貢献することが期待されていなければなりません。MashIQ XBRL Reportは、IFRSで採用されるDimensionデータも直感的に扱うことができるので、これからXBRLに携わるすべての人に有用なツールになると思います。」

*1 inline XBRL : ブラウザで表示できるように、生成される XBRLデータの標準形式
*2 Dimension : 地域別、製品別等のセグメント情報開示をするためのデータ形式のXBRL仕様

製品紹介とダウンロードはこちら→http://mashiq.com

■株式会社MetaMoJiについて

株式会社MetaMoJiは、研究開発(R&D)機能を有するビジネスインキュベーターです。先進的なIT技術をベースとし個人や組織の活動から製品やサービスまで多様な情報の革新的な知識外化(みえる化)システムの研究開発、さらにそれらを基盤とした多方面にわたる知的コミュニケーション・システムを研究開発し、その成果を事業化することを目指します。
http://metamoji.com/

■本件に関するお問い合わせ

Home > 2010年 > MetaMoJiが、XBRLデータを活用したレポート作成・活用ソフトウェア 「MashIQ XBRL Report」評価版の無償提供開始を発表

Return to page top