1. HOME
  2. ニュース
  3. iPad向け手書きデジタルノートアプリ「7notes for iPad」 ver.2.6にアップデート〜facebook、twitterなどソーシャルメディアとの連携機能を強化〜

ニュース

NEWS

ニュースリリース

iPad向け手書きデジタルノートアプリ「7notes for iPad」 ver.2.6にアップデート〜facebook、twitterなどソーシャルメディアとの連携機能を強化〜

2011年8月25日
株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区六本木、代表取締役社長:浮川和宣)は、今年の2月3日の発売以来、App StoreでベストセラーとなっているiPad用手書きデジタルノートアプリ「7notes for iPad」のアップデート版ver.2.6を、8月25日よりApp Storeにて販売開始しますので、ここにお知らせいたします。

■ソーシャルメディアとの連携を強化した「7notes for iPad」ver.2.6

弊社開発の手書き入力方式mazec を搭載したデジタルノートアプリとして、今年2月3日に「7notes for iPad」を販売開始して以来、App Storeの無料・有料版を含むアプリケーションランキングにおいて、ランキング1位を記録するヒットアプリとなりました。
今回販売する「7notes for iPad」 ver. 2.6では、ソーシャル化の進展が著しいコミュニケーション環境を考慮し、人気の高いTwitterやFacebookへの投稿機能の強化のほか、mazecの進化、スタイリッシュなデザインへの変更など、いくつかの機能強化や改善を実施しました。
バージョン2.6は、以下のような機能の改善・強化を実施しました。

■「7notes for iPad」ver.2.6の主な機能の改善・強化

(1)ソーシャルメディアとの連携を強化
・手書き文字と変換されたテキスト文字が混在しているときに、 従来より有していたテキストだけの投稿、手書きイメージだけの投稿機能に加えて、テキストと手書きイメージの混在文書から、全体イメージを写真、文字はテキストとして切り出して投稿することが可能になります。 この機能により、Twitterならば、ハッシュタグ、メンション等の高度機能の利用が容易にできます。
・Facebok投稿機能については、 自分のウォール以外に、友達のウォール、グループのウォール、7notesのウォールを選択できるようになり、テキスト文字のみならず、手書きイラスト等も入った文書により、リッチなコミュニケーションをすることができます。
・TwitterやFacebook に、 7document形式で、投稿されると、元文書が、MetaMoJiが運営する”Edit it”サーバー 上にアップロードされ、その文書を見た人が、読み込み、追記、変更をしていくことができます。グループで利用することで、「寄せ書き」のようなコミュニケーションが行うことができます。
(2)mazec の進化
・変換辞書の洗練と認識精度の向上
・自動(横)スクロールなど快適な入力を実現する機能の拡充
・認識修正、分割・併合等のUIの変更
(3)スタイリッシュなデザインへの変更
高級ノートをモチーフにしたデザインで、操作画面、アイコンを見直し。 ノートを書く楽しさ、心地よさを追求しています。
(4)その他機能の拡充
・ドキュメント書式のシステム保存の追加
・タイトル名によるソート機能の追加
・コマンド体系の刷新と、よりスピーディな操作環境の強化
また、iPad向け英語版アプリ「7notes for HD」と「7notes for HD Premium」は、8月23日、全世界123カ国のApp Storeにて一斉販売開始されたばかりです。
「7notes for iPad」は、iPadやタブレットなど、マルチタッチスクリーンによる入力方式へ革新されつつある時代に、キーボードに不慣れな人や苦手な人、またキーボードが使いづらい状況に対応する、いま最も求められている入力方式によるアプリとして、世界を視野に入れたアプリケーションとして開発しました。
MetaMoJiでは、今後も更なる 日本並びに海外向けの、タブレット端末、スマートフォン向けアプリケーション開発、機能拡張を通じて、コンピューティングの世界を拡げて参ります。

■7notesの主な特徴

・新しい手書き入力方式 「mazec」
–交ぜ書き変換入力
–書き流し入力
–キーボード入力
・文書編集機能
–手書き文字の装飾・編集
–多彩な「ユニット」の提供
–デジタルキャビネットでの文書管理
・文書管理機能
–タグの絞り込み設定の記憶
–オフラインモードと次回オンライン時の更新
–無償の保存領域2GB

■手書き入力方式「mazec」 について

キーボードを前提としたこれまでのPCに比べ、より洗練されたタッチスクリーンとインターフェースを持つタブレット端末では、人間とコンピュータの間の距離をもっと縮めることができると考えられます。
従来の日本語入力は事実上、キーボードを使ったかな漢字変換しか存在しておりませんでしたが、MetaMoJiでは、タブレット端末の特性を最大限に生かした、新しい手書き入力方式 「mazec」 を開発しました。
キーボードでのかな漢字変換入力の普及により、漢字を書くことが苦手な人が増えてしまった現代社会に適合した変換処理を「mazec」では実現し、 より多くの人々や多様なシーンで、ストレスの少ない「日本語入力」が実現しました。
「mazec」には、 画数が多い漢字や思い出せない漢字もひらがなで書くことで、スムースに入力できる「交ぜ書き変換入力」機能があります。 例えば、「会議」と入力する場合、「会議」、「かいぎ」、「会ぎ」、「かい議」のように、いかように書いても、「会議」と入力することが出来ます。
「mazec」には、 この「交ぜ書き変換入力」に加え、 手書き文字をそのまま入力する 「書き流しモード入力」があり、人間が考えるスピードを妨げない、心地よい、手書き日本語入力環境を実現しております。

■株式会社MetaMoJiについて

株式会社MetaMoJiは、研究開発(R&D)機能を有するビジネスインキュベーターです。
・ワープロソフト「一太郎」や日本語入力システム「ATOK」などで知られる株式会社ジャストシステムの創業者である浮川和宣・初子夫妻が、世界戦略を視野に入れ「R&D(研究開発機能)に特化したビジネスインキュベーター」として、2009年に新たに設立したベンチャー企業です。
・先進的なIT技術をベースとし個人や組織の活動から製品やサービスまで多様な情報の革新的な知識外化(みえる化)システムの研究開発、さらにそれらを基盤とした多方面にわたる知的コミュニケーション・システムを研究開発し、その成果を事業化することを目指します。
・現在は、iPhone/IPad、スマートフォン、タブレットなど、スマートデバイス時代に最適なインターフェイスとして手書き入力方式「mazec(マゼック)」の世界への普及・発展に尽力しています。http://metamoji.com/

ウェブからのお問い合わせ お問い合わせフォーム
広報担当 津田・大橋
電子メール info.ja@metamoji.com
電話番号 03-5114-2525

■関連画像資料

▼手書きとフォント文字の「交ぜ書き変換入力」

▼画像と手書きをFacebookへ投稿

記事を掲載いただいた主な媒体はこちら

ケータイWatch MetaMoji、iPad向け手書きデジタルノートの最新版(2011/8/25)
PC online iPad用の手書きノートアプリ「7notes」がTwitter連携など機能強化手書き時の自動スクロールなど細部の操作性も向上(2011/8/25)
nikkeiBP.net(PC Onlineから転載) iPad用の手書きノートアプリ「7notes」がTwitter連携など機能強化(2011/8/25)
@IT かな漢字変換の発想で英語入力に新風。手書き文字認識アプリで世界に挑戦、メタモジ(2011/8/25)

Copyright(c) 2009-2011 株式会社 MetaMoJi All Rights Reserved.